スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福山雅治 2006.07.02 (日)
恵比寿で開催されている
PHOTO IS 10000人の写真展
に行ってきました。


ましゃ友 さち  と恵比寿で待ち合わせ。
さちってば階段を踏み外しちゃったらしくてひきずっていた
かわいそうに・・・。
いろんな事おしゃべりしながら恵比寿ガーデンプレイスへGO~!

PHOTO IS
無料なうえ日曜日の最終日ってこともあってたくさんの人がいた。
正面の奥にましゃコーナーがあり
ましゃが撮った写真が8枚展示してありました。
8枚の「PHOTO IS ~ 」
私は個人的に「PHOTO IS MESSEGE」←(だったと思う)
の写真が好き
その横の液晶にはましゃのCMがず~っと流れている。
ひゃ~~かっこいいよ~~~
さちとず~っとその場を離れずしばらくましゃを感じてた

満足した私たちは一般の方の写真を見始める。
ホントみんな素敵な写真を撮っている。
あまりのたくさんの写真の多さにびっくりした。
苗字順にあ行~はじまっている。
私が一般の方の写真で一番気に入ったのは「い行」の方の作品
「PHOTO IS HISTORY」
90歳のおじいちゃんと6歳の猫が一緒に写っている写真。
祖父を早くに亡くしたせいかこの写真をみて祖父を思い出した。
『おじいちゃんに会いたいな・・・』って思った。
(※ハービーさんも同じ題名で作品を出しています~)
一般のコーナーには瀬尾さんの写真も数点展示してあった。
写真家コーナーにはハービーさん大村さんの写真も発見
で、ここで次の目的である、
ハービーさんのトークショーの時間が近づいてきたので
いったん写真を見るのを中断してトークショー会場へ行く。

想像していた以上にハービーさんはとってもあったかい人だった
いくつかお話された内容を書いてみました。

大学卒業した年、23歳でロンドンへ留学。
23・24歳にロンドンで撮った写真を何点かスライドーショーで見る。
昔も今も自分が撮った写真に変化がないので写真が上手くなってないのか・・・
30年前にすでに完成されていたのかと自分に問いかけるハービーさん・・・。
半年で帰国するつもりが帰る資金がない為そのまま10年居たと。
ロンドンのある女性に
「かわいい子がアパートの角部屋に住んでいるからあなたも撮ってみたら?」
と連絡をもらい、そのアパートへ行き数枚彼女の写真を撮った。
1年後、その女性が誰だったか明らかになった。
それは、故ダイアナ妃
私も昔ダイアナ妃が日本へ来日された時、あるコトがあって
近くで見る事が出来たけど、本当に美しかった

つい数年前、写真展を開いた時の話。
夕方6時に閉館して電気を消して、鍵を閉めて外に出たら
5人くらいの高校生泣いていた
ハービーさんが「どうしたの?」と尋ねると
大阪から夜行バスで来たのに会場が分からなくて
道に迷ってやっと辿り着いたら写真展が終わっていて
あと2時間後にはまた大阪に帰らなくてはいけないと泣いていた。
それを聞いたハービーさんは管理人さんに頭を下げ
もう一度、鍵を開けてもらい写真展会場の電気をつけてもらった。
その好意にいったん泣きやんだ高校生は感激のあまりまた泣く。
写真展にはGL○YのJ○ROさんの写真が飾ってあって
その写真を撮った時のエピソードを話してあげたらまた泣いて
携帯カメラでJ○ROさんの写真と一緒に撮ってあげるよと言ったらまた泣いて。。。
いっぱい泣いて大阪へ帰っていったそうです。
そこでハービーさんは「いい大人もいるんだな」と分かってほしかった。
こういう事って一生覚えてくれているもの。
社会のルールでは、6時に閉館。せっかく来たのにごめんさないね。
気をつけて大阪に帰ってね。となるだろうけどそれは違う。
その子たちが優しい大人になれるのであればいくらでも
管理人に頭を下げる事ができる。それが僕の存在の意義だと思う。

私はこの話を聞いて感動して涙が出てしまった。。。

ましゃの話もしてくれた。
かっこいい二枚目の表情より1秒遅くシャッターを押すと
また違った表情が見える。
ハービーさんはそんな写真を撮りたいと。
モノクロの写真を撮るましゃに「なんでモノクロがいいの?」
とハービーさんが尋ねるとましゃは
「うまそうに見えるから」と答えたとか。

ハービーさんの「PHOTO IS ~ 」は
「PHOTO IS WORLD PEACE」
10数年間病気をしてた時に、
人に広い心を持ってほしいと思っていたのがずっとあって
僕の写真を見て、人間て美しいな・人間を好きになっちゃう
そういった美しさを写真に生かしたい
人間が人間を好きになったら戦争なんておきないかもしれないし
町はもっと明るくなるかもしれないという夢がある。
自分の写真を見て見た人が好きになり
平和な社会につながるのではないかと
1人1人がそういう気持ちをもってくれたら
世界が平和になるという事でこの言葉になった。

そういったハービーさんの人柄を目の当たりにした私は
最後に流れた写真のスライドショーを見て
あたたかくも切ない気持ちになり
また涙を流してしまった。。。
司会のお姉さん(松坂夫人:柴田○世 似)も泣いていたよね。
目にたまった涙をぬぐっていたのを私は見逃さなかった。
速水も○みち君の写真も1枚。
一番びっくりした写真は27歳の若かりし頃のハービーさんの姿。
ちょ~かっこいい
あまりのかっこよさ、美少年さにどよめく会場(笑)
トークショーの最後にハービーさんからみんなへ一言。
今しか出来ないことをやる
自分にしか出来ないことをやる

というのを念頭に、やさしい心をもって毎日を生きて頂きたいと思います。
相手の痛みが分かる人間になってほしいと思います。
というお言葉を頂きました。

会場で販売していたハービーさんの本を買いご丁寧にサインまでしたもらった日曜日の陽だまり   サイン♪

会場の外で一緒に写真までとってくれた

来年はハービーさんの写真展が開催される予定だそうです。
ぜひぜひ行ってみたいと思います

会場を出る時にお土産までもらっちった
おまけ
ダイエット生じゃないのね~ん

Secret

TrackBackURL
→http://goodnight95freedom.blog65.fc2.com/tb.php/26-5e7e5e38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。