スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福山雅治 2008.08.28 (木)


ついに、長崎旅行レポも最終章となりました

半年以内にレポを書きあげた自分に拍手  (@⌒▽⌒@)

このレポを書いていると
あの時の楽しかった時間がよみがえって にやける 

さー!では、いってみよっ! (魂ラジ風で!)


 
平和公園をあとにして次へ向かうは
ましゃが卒業した高校 

しかし、ナビ子には、ちゃんと表示されなくて
なんとなく勘で・・・運転して、
なんとなく・・・道を曲がって。。。

途中、地元の方に聞いたら、坂を上っていけばすぐだと!

いえ~い この適当な勘(笑)
ましゃが導いてくれたのね^^!

ここでましゃは青春時代をすごしたんだね 
長崎工業高校

バス停~

この時点で、長崎二日目の予定も
まみぃが作成してくれた行程表通りに行動出来ていま~す 

次はちょっと車を長く走らせて
「蜜柑色の夏休み」の舞台である
『本川内』と『東園』へ向かいました。

ちょうど、お昼の時間だったので
途中、かわいい定食屋さんの看板を見つけたので
そこでお昼ごはんを食べました。

看板

私は、その定食屋さんの名前になっている
「きゃらぶき定食」を注文 
ランチ
五穀米?六穀米? ごはんとお味噌汁も超おいひー
サックサクのアジフライや煮物、サラダやお漬物。

あ~ぁ  なんという幸せ~~~


他のみんなは、おにぎり定食を注文 

旅に出ると、妙に食欲が増す私。
ここでもガッツリ食べさせてもらったよ


個々にお会計をして、運転手である私は
車のキーを開け、ドアを開けようとしたら・・・

後ろで
「ドーン!ドタドタ・ガターン!!」
ってすっごい音がしたのです( ̄□ ̄;)!!

びっくりして 振りかえると・・・

ゆうふるがお店の入口にある
メニューの縦長のちょっと大きめの黒板にぶつかって、
看板を落としていました。

あー!!助けなきゃ!!
と思ってゆうふるに駆け寄ろうとした天使の  私に
悪魔の  ささやきが聞こえてきました。

『今がチャンスだよ!ゆうふるのショットを撮るのは!!』

慌てて、カメラを取り出し
あたふたして、看板を立て直そうとしているゆうふるの姿を
カメラにおさめました 

倒壊?!

私の代わりに他のみんなが助けていましたよ

見事にゆうふるに、怒られました(笑)
「のりすけちゃ~ん、ひど~~い」 

ちゃ~~んとゆうふるには助けられなかった説明をしました。

みんなが楽しみにしている珍道中のレポの任務を
遂行したのだよ。 と。

ごめんよ~  ゆうふるぅ~ ←笑ってるし


お腹いっぱいになった私たちは再び車に乗り込み
峠を越えて、やっとたどり着きました。

そこは・・・
とってものんびりとした時間が流れていました。
本川内駅1

本川内駅2

本川内駅3

会報を片手にましゃと同じ所で写真を撮りました。
いったい、何人の人が同じ事をしたんだろう(笑)

雲は多かったけど
本当にお天気が良くてヨカッタ~~^^

東園


この付近でかなりの時間、滞在しました。

東園駅で電車に乗り込む
ふきことゆうふるが出発する時間まで
駅でましゃトークをして過ごしていました。


そして、ふきことゆうふるを乗せる電車がやってきて
みんなでハグをしてお別れをしました。

電車に乗り込む直前に、やっぱりふきこは泣いちゃって 
ドアが閉まった途端
あのゆうふるまで泣いているではないかい

うっしっしーな  イベントでも泣かずに笑っていたゆうふるが
今、泣いた!!!!!

「え!今!? え!今!?」と突っ込みながら
バイバイしました 

ゆうふるの涙を見たのは、はじめてだったので
めっちゃ驚いた!

本当にこの旅も、本当に忘れられない旅になりました。

長崎にみんなで過ごせてすっごい楽しかった

まみぃ・さち・私は長崎空港まで行き
ひと足先に発つ、まみぃを見送り
さちと私は一番最後に長崎の地から飛び立ちました

1泊2日の旅。

本当にたくさんの思い出が出来ました。

笑いと感動と感謝の気持ちでいっぱいです。

ましゃ、ありがとう!
ましゃ友ちゃん、ありがとう!!

今回、一緒に行けなかったましゃ友ちゃんとも
またリベンジの旅で長崎に行きたいな♪


以上 長崎レポは、これにておしまいです(完)

長い記事になってしまい、ごめんね。

つたないレポを読んでくれてありがとね^^!


SNA
また行こうな! 長崎!!

Secret

TrackBackURL
→http://goodnight95freedom.blog65.fc2.com/tb.php/280-7f778ea2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。