スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福山雅治 2009.06.08 (月)
福山☆イキナリの大感謝祭
~エッ!してなかったの?はじめてだったの?~
愛♂福山博in武道館!!


私は、初日と最終日に行ってきました。
声をかけてくれた友達に感謝

ましゃが40歳になってはじめてのライブ
そしてデビュー20年目に突入して
初の武道館ワンマンライブ

様々な事情でこのライブに参加出来なかった方の為に
私なりのレポを書いてみようと思います。

よければ読んでね^^♪


武道館には何回か行った事あるけど
今回のましゃのステージは
円形のセンターステージでとっても近くに感じた

ステージの真上には大きなスクリーンが
東・西・南・北と4つ吊るされていて360℃
ステージもスクリーンも平等に見れるようになっていた。

横アリと同じくらいの収容人数でも
大きな玉ねぎの武道館は狭く感じてイイねっ

セトリは4daysとも同じ

北側の花道にある 「愛」 と書かれたおっきなBOX?から
颯爽と黒いロングジャケットを羽織ったましゃが登場

「愛」と書かれたその字は天地人に出てくる
書体に似ていて、銀色でおっきく書かれていた☆

大歓声の中、はじまった1曲目

  ジャジャジャジャーン ~ ジャジャジャジャーン 

キミに~出会うのさ~それは~分かっているから~
【ON AND ON】

このアルバム、かなり好きなので嬉しかった!
ふむふむ、1曲目はこれだったのね~♪

2曲目は
【THE EDGE OF ~愛の一撃~】

出だしはアコースティックぽいスローテンポではじまって
  YES~! どうなってるんだい 明日はどこだ~ 
キター アップテンポ

ここ数日、HDDにたまっていた
ましゃのCMたちをDVDに移動させていて
SX4のCMをサーフボード・浮輪・ドライビング
(15秒・30秒brを大量に)録画してて
このCMが大好きな私はCHAOSを聞きまくっていた。

やっぱりライブで聞くCHAOS、最高ですね

キミへ~キミへ~ダーイブ!!
もちろん 両手を前に ダーイブしてきたよ 

3曲目
会場が明るくなり
【MELODY】

くるくるパーマのましゃがちと苦手だったけど
見慣れたせい?
今回のましゃのヘアースタイルはそんなにイヤじゃなった。

素直にかっこいいと思えたし、「かっこいい」と叫んじゃった 

3曲目を歌い終わってましゃのMC
「会いたかったぜ~武道館!!」
「武道館のど真ん中にいます!世界の中心で愛を叫びます!!」
恒例の出席確認。
女子・男子の確認。

最終日、私の席の近くにJのKちゃんも
「はーい 」って手をあげていたよ

「女性大好き 福山です」
「男性も大好き 福山です」と言って笑いをさそっていた(笑)

地区別の出席確認も、時間がないという事で
北海道・九州・四国・本州・海外という感じで
ざっくりした確認だった 

最終日は「海外」の出席確認の時
大型スクリーンに黒人の外人の男性が映し出されて 
会場はどよめき拍手~~  すごいわ~ 

年齢別確認もいつもなら10代~20代~以上です!
なんだけど

今回は、「私は若い!という方!」
ってましゃが言ったら、爆笑の中
会場全体「はーい!!」と大勢の手が上がった

「以上です!」という流れ。

ここでも何度か、時間が無い~とましゃが言っていた。

武道館は公演時間に相当厳しいらしい。

そして 福山HISTORYと銘打った
①長崎編
②デビュー編Part1とPart2があると
説明してくれ、これからのライブの流れを簡単に話してくれて
会場が暗くなりVTRに入りました。

まずは、長崎編のVTR
ナレーションとともに、最初に出てきた写真は
4000gで生まれた生後間もないましゃの写真。
体全体、プックプクのモッチモチした大きな赤ちゃん 
写真に写っている、あの渋~い表情。すごく笑った。
(眉間にしわが寄っちゃうような表情)

中学・高校・サラリーマン時代の写真が
次々と映し出された。
どの写真も、ましゃはかっこいい!

大山さんやみっちーも昔のましゃ役としてVTRに登場。

高校時代の恩師のインタビューが流れたり
当時、「L・A・R」というバンドを結成していたましゃの
バンド仲間のインタビューが流れた。

そしてサラリーマンを辞めたましゃが
長崎から東京に行く時のVTRは結構、詳しく再現されていた。

当時のましゃの彼女さん。
すごくましゃの事を想っていたんだね。
ましゃの夢の為に、自分をお小遣いでバンドのチケット 買い
それを友達に配っていたり、ましゃの1番のファンであり理解者だったんだね。

その彼女にさえ別れを告げようとせず
1人で長崎駅から旅立とうとしているましゃの姿。
若き日のましゃの役はアミューズ所属の若手俳優の賀来賢人くん 

私は、VTRを見ながらも
薄暗いセンターステージにいるましゃをオペラグラスで
見ているコトの方が多かった。
ましゃがどんな事をしているのか、
どんな表情をしているのか、とっても気になって気になって。。。

とにかく初日は、ヘアースタイルを何度も何度も何度も~~
セットし直していた。サイドの髪をコームを使って念入りに整え
編み込み?みたいな感じで手直ししたり、スプレーで固めていたり。

前髪も相当気にしていたようで何度も何度もセットし直していた。

当たり前だけど、女性のヘアメイクさんは、
ましゃと顔の距離がものすごい近くて
見ているこっちがドキドキしちゃった。

会場は湿度と熱気ですごく暑くて
ましゃはVTR中、センスを持って自分で
パタパタ~パタパタ~あおいでいた。

あとね、VTRの途中、微妙だけどハウリングしてた時があって
ましゃがまわりをキョロキョロして
脚の長い丸イスに座ったまま、そっとマイクに手を伸ばし、
マイクのスイッチが入っているか軽くトントンってしてた。
(ハウリングとはスピーカーから出た音を
マイクが拾い雑音を引き起こす事)

もうすぐVTR明けって事もあって
メイクさんたちは、ましゃの所には居なかったので
ましゃ1人で、しばらくキョロキョロしてて (・_・ ) ( ・_・) ・・・・(・_・ ) ( ・_・)
そっとマイクをトントンって叩いた姿が、かわいかった。

(かわいいって表現おかしいよね( ̄∇ ̄*))
その行動ってゆーか、仕草が
ましゃの優しさをあらわしてるぅ~~~ みたいな 

でもなんか私にとっては、その姿は萌えポイントでした 


そしてVTRが明けました。

実は、ましゃ
長崎を出る時、もしなれなかった時にかっこ悪いから
ミュージシャンになるという夢を誰にも言わず
「古着屋になる」といって上京してきたんだって。

そして4曲目は
2000年の稲佐山ライブ以来の
【ただ僕がかわった】

ツアーのWアンコールで歌ってくれた事はあったけど
バンドと一緒にしっかり歌うのは、久しぶり。

私は、この曲がずっと聞けない時期があった。
あの時、ただ僕を聞くと、歌詞がストレートすぎて、キツかった。

でも時が過ぎ、この曲を聞けるようになってからは
すごく前向きになったし
あの時のお互いの環境や彼の気持ちが、この曲によってすごく理解出来た。

そして、長崎を出たましゃの気持ちもすごく伝わる。
なんか切ない淡い恋愛ソングでキュンとする(失恋ソングになるのかな?)

今では三本の指に入るくらい大好きな曲!!

ドキドキしながらイントロに入った途端
ここでハプニング発生!

会場中、 ブォ~~~~~~ン というものすごいハウリング 
(たまにカラオケ行くとこんな現象起きるよね!?)

10秒以上鳴り止まなかったと思う。

一瞬、会場が し~んと 静まりかえって照明が点いた。

笑いが起きて、ましゃが一言。
「やり直し~~~ぃ  (苦笑)」

ましゃによるとセンターステージって
音響的に非常に厳しい環境らしい。
バンドがぐるりと囲んでいる円形センターステージって
真ん中にあるマイクに音が集中的に集まってしまうから?

リハで上手くいってても本番も何が起こるか分からないもんね。
ましゃ:「僕のギターじゃないよね?」
そしたらおぐちゃんが「D(でー)の音が・・・」って。
ましゃ:「おもてのハウリは、またろうさんだ」
必死に謝るまたろうさん(笑)

D(でー)?
おもてのはうり??
音楽素人な私にはチンプンカンプン??

しばらく、各セクションのギターなど音出しをしてチェック。
ましゃ:「完全に公開リハーサルになってるね(笑)
こういうのが見れるのも生のライブのいいとこ!」

大丈夫かな?じゃ、やってみよっか!って事で再開。

なんかさっきより、ましゃやバンドの方も
より優しく、慎重に、丁寧に、音を出していたように感じた。

違う意味でドキドキしながら聞いていたけど
今度はハウリングする事もなく、無事に ただ僕、終了。

ましゃの歌声、歌詞に聞き入っていたんだけど
くるくるした前髪が昔のフミヤのように垂れていたのが・・・
ちと・・・気になってしまった・・・ 

そして次のVTRへ

デビュー編Part1

上京したましゃが生活費を稼ぐ為に
立川の木材店で働いた再現VTRが流れた。
アットホーム的な木材店。
社長さんをはじめご家族のインタビューも流れた。
社長さんの娘さんが3人いて美人三姉妹と呼ばれていて
長女さんがましゃに「もらってくださ~い」ってアピっていたね(笑)

私はまた懲りずに薄暗い中でお色直しをしているましゃを観察。
さっきよりさらに前髪を気にしているようで
前髪中心にセットをし直していた。

ましゃは基本的にお色直し中はVTRを見ていなかったけど
唯一ましゃがすごく笑ったところがあった。

お色直しが終わって
それは、木材店のみなさんが最後に
「がんばってくださ~い」ってメッセージを言ったあと
(たぶん)社長さんが一言。
「いつもで戻ってこ~~~い!」ってところ。
ましゃがすごく笑っていた 

ましゃがミュージシャンをあきらめかけていた時期に
その材木店で働いていた年上の従業員の方の一言が
また頑張ろうという気持ちにさせてくれたそうです。

その方は昔、演歌歌手でデビューした事があった事があり
いろんな事があり、歌手を辞めてしまった。
仲間の姿をTVで見ると、辛い事があっても辞めないで
頑張ればよかったという後悔が残っているから
ましゃには夢をあきらめてほしくないという事を伝えたそうです。

しばらくしてアミューズのオーディションを受け
ましゃは順調に予選を突破。
そして有名な話ですが~
最終オーディションの日。

その日が最終オーディションと知らなかったましゃは
で出かけていたんだけど、途中で車のマフラーが
はずれてしまうというハプニングが起きて
アパートに戻って駐車場で修理をしていた。
そこへアミューズからの電報を管理人さんが届けてくれて
慌てて、オーディション会場へ向かったのでした。

そのオーディションの映像が残っていたという事で
秘蔵VTR公開!って所でVTRが明けたのであります。


あ~また長ったらしいレポになってしまった 
うまくまとめられない・・・ 

その2レポ:公開予定 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。