スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔のコト 2006.09.11 (月)
5年前、私はの前で自分の目を疑った。

これは映画??
え??

・・・しばらく何が起きたのか把握できなかった。

の向こうで何か起きているのか・・・。

それは信じられない光景だった。
NYの貿易センタービルに飛行機が突っ込んだ。

私はあわてて自分の部屋を飛び出し、両親がいるリビングへ行った。
「NYが大変な事になってる早くチャンネル変えて
両親も何が起きているのか分からず呆然としていた。
しばらくニュースを見ていた私たちは
数分後、また信じられない場面を目にする事になったのです。
貿易センタービルは2棟並んでいる。
被害の無かったもう1棟にまた飛行機が突っ込んだ。
その瞬間を私は見てしまった。
炎と黒煙。
そしてビルからたくさんの白い紙がひらひらと舞い落ちる。

映画なのかもしれないという思い、
映画であってほしいという願い。
でもこれは今起きている現実・・・。言葉が出なかった。

同時多発テロだという事が分かる。

さらにペンタゴンとピッツバーグにも飛行機が墜落したとニュースが入る。
次々と信じられない事が起きた。
しばらくするとツインタワーが崩壊した。
あのビルが崩壊するなんて全く想像してなかった。

怖かった。

と、私はある事に気付きました。
父は6人兄弟。
父のすぐ下の弟である私の叔父はNYのマンハッタンに住んでいる。
20年前から寿司職人として永住権を取得してNYに住んでいる。
叔父のアパートと貿易センタービルは近いのか遠いのか
その時の私たちは全く分からなかった。
夕方から仕事の叔父だけど、もしあのビルの近くにいたら・・・
叔父は奥さんとよく飛行機に乗ってアメリカ国内を旅行したりする。
心配になって叔父にをかけてみる。
でも全然つながらない。コールさえも鳴らない。

次の日の夜にやっとつながり、無事だという事が分かり一安心。
非常事態という事で働いているお店も臨時休業せざるを得ないし
叔父たちが住んでいる地域は住人以外の立ち入りを禁止され
かなり大変な事になっていると言ってました。
叔父たちの住まいからもビルの様子は見えていたそうです。

私はこのテロが起きる2年前にNYにはじめて行って
本当に素敵な街だという事を実感してNYが大好きになりました。
みんなすごい元気でパワーが満ち溢れている。
イヤな事があって気分転換でNYへ旅行をした私と友達。
帰国する時にはすっかり開き直ってパワーいっぱいに

あの街が・・・あんな事になるなんて。
悲しくてあの日は眠れませんでした。
愛国心がとても強いアメリカの人たち。
私さえ5年前の映像を見るたびに胸が締め付けられる。

しばらくNYに行くことをあきらめていたけれど
去年、念願叶って再びNYへ行く事が出来ました。
グラウンドゼロへ行く事も決めていたけど実際見るのが怖かった。
行ってみたけどやっぱり言葉が出なかった。
この場所にはまだたくさんの悲しみが残っている。
グラウンドゼロ
崩れ落ち残された鉄骨が十字架のようになっていた。

あの日から5年。

愛する人を失った悲しみ、後遺症で苦しんでいる人たち。
そしてなんの罪もない人たちが命を奪われた。
多くの消防士も殉職した。

戦争もテロも・・・
こんなつらい事が起きない世界になってほしいと強く願います。

Secret

TrackBackURL
→http://goodnight95freedom.blog65.fc2.com/tb.php/53-0e57447d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。